Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
www.facebook.com/kairindian
*******************
Kairi Narita-成田浬-Official web
kairinarita.com

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2013/7/8〜7/22  Alaska...Airctic Circle Journey(1)

Anchorage国際空港に到着したのは夜中の0:00だった。


b0139547_11415128.jpg


夏のアラスカには夜が来ない。白夜だ。
それでもAnchoregeはまだ暗くなる方。北へ向かうと更なる『白い夜』が待っている。

ナミビア出身の黒人少年が運転するタクシーに乗り込み20分。
とにかく寝たかった俺は、ダウンタウンにあるバックパッカー宿のプライベートルームに泊まる事にした。半地下の部屋はある種、独房の様で物悲しい雰囲気だった。ベッドはフニャフニャ。寝ると身体がVの字になった。アバラに堪えるフニャフニャ感は忘れない。。。これでも$70。夏のアラスカの物価の高さが、巨大岸壁の様に俺の前に立ちはだかった。。。

b0139547_11423395.jpg


明くる朝、ダウンタウンを歩いた。
アラスカとはいえ、日中はとても熱い。30度。それでも日本のジメジメした蒸し暑さではなくカラッと乾燥しているからまだ過ごしやすい。

b0139547_11425813.jpg


ーーーーーーーーーーー
旧石器時代 (紀元前12,000年頃) この地に一番早く住み着いたのは、ベーリング地峡を渡り、アラスカ西部に辿り着いたアジア人(モンゴロイド。日本人が多かったらしい)エスキモー・イヌイットといわれている家族達である。彼等は氷河期を経て南下しネイティブ・カナディアン、ネイティブ・アメリカン・インカ・マヤ文明を創世したといわれ、崇高な文明社会をそれぞれの地で開花させていた。アラスカはその後1741年からロシア支配、1867年にアメリカがロシアから720万$で購入して、現在のアメリカ合衆国の州としての元が築かれていった。

そもそも今回、アラスカ行きを決めたのは3つの大きな理由があった。

一つ目は、星野道夫著『森と氷河と鯨』を読んだ事。
二つ目は、311をきっかけに日本人の未来を知りたくなった事。
三つ目は、アラスカの写真を撮って来て欲しいと、ある会社に依頼された事。

このブログは旅の記憶を留めておくものなので詳細は書き記さないが、少なくとも僕の発動には、先人の功績と311後の日本人が大きく影響していることは確かだ。

ーーーーーーーーーーー

さて、Anchoregeに戻ろう。。。


歩いても小さなダウンタウンは直ぐに一周できてしまった。とはいえ、アバラの痛みは増すばかり...
広く青い空の下、緑の芝生の覆う公園で横になり、一冊のガイドブックを開き今後の計画を考えた。そもそも電車移動を考えていたのだが、アバラの調子もありレンタカー移動に変更することにした。レンタルサイクルを借りて空港まで行き、直ぐに借りれるレンタカーをネットのイギリス経由で格安手配し、レンタカーにレンタサイクルを分解してぶち込んで、レンタサイクルを返却し...さーて、いよいよ北極圏ーAirctic Circleーの旅が始まる!!!

b0139547_11434331.jpg


続きはまた次回。。。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-08-16 11:43 | 旅・旅行 | Trackback | Comments(0)

2013/7/8 Alaska出発前...

ロスでの映画撮影を終えて打ち上がった明くる日。

2013年7月8日。この日はアラスカに向けて出発の予定だった。


しかーーーっっっし!!!その前に...

実はロスに入って10日程経った頃、日本の声の事務所から1通のメールが届いた。

「先日の収録でリテイクが出たのですが、帰国可能ですか?」と...

同様のメールは監督からも直々にいただいていた。


過密スケジュールでの撮影。
アラスカ行きの予定は格安で手配していたため変更不可能。

帰国は無理でもロスのスタジオ手配なら...と、
映画の制作部に相談してみるが、ギリギリのところで各人が目一杯、睡眠時間を削りながら頑張っている現場では、予想外の、しかも映画と別件で人力を割くのは難しい。


「本当に残念だが、この仕事は出来ない。仕方ない。これも運命(さだめ)と受け入れるしか無い。」


そう考えていた矢先に、日本のCM製作者さんからメールが届いた。


「こちらで手配してコーディネイトしました。7/8の昼にロスのスタジオで収録可能でしょうか?」と。。。


な、な、な、な、なーーーーーーーー!!!!!!! (((✿ฺ≧▽≦)ノ彡☆

こんな事ってあるのだろうかーーーっっっ???  ∩(´^ิ∀^ิ`)∩




あった。




あまりの嬉しさ!

感激!
感動!
感謝!

成田の「成」の下に「心」と書いて「感」!!!


意味解らなかったが、嬉しくて溜まらなかった。。。



という訳でアラスカ出発前、チェックアウトしたモーテルに迎えにきてくれたのは、昨日までの映画キャスト担当ではなく、初対面のロスアンゼルス現地コーディネーターさんだった。

アバラを抑えながら...

ロスの収録スタジオへ向かった。


スタジオへ入ると日本とは音声だけで繋がっていた。
映像は無かったが世界観は脳裏に残っていた。
あの世界の素晴らしい映像が。。。


ロスは昼の13時。
日本は朝の(夜中の4時)だったらしい。
聞けば、日本でいつもお会いしている監督以下数名の製作チームが、皆そろって日本のスタジオに集合していると言う。。。


「こんなにも困難な道を選んでまで、僕の声を必要としてくれている!!!」


深く深く...

心の中心で感謝しながら、マイクの前に座った。

日本のスタジオと違って、遮音壁に囲まれた広いスタジオ内に一人。


気持ちを落ち着け、監督の世界観が充満している映像を心に描いた。


30分程だったろうか...

『OK!いただきました!!』


溢れ出そうになるモノを抑え、感謝の言葉を伝え、感動していた。


そのスタジオは、詳細はおろか名前すら忘れてしまったが、数々の映画や音楽を収録してきた歴史あるスタジオだったらしい。写真の一枚も記念に撮っておくべきだったかな。。。笑


コーディネーターさんとランチして、事務所に連れて行っていただき、コーヒーをご馳走になり、そして...


アラスカ出発のLAX空港まで、お送りいただいた。


まさか、アメリカに来てまで...

これほどの予想外の展開があり、しかも上手く進み、感謝し、感謝され...

つくづく幸福に恵まれている。と思った。


本当に有り難い。

ありがたい。


一つ一つの経験が、
一つ一つの感激と
一つ一つの感動を生み、
一つ一つの感謝を生む。


このスパイラルの中で存在出来ている「今」に、

心より感謝します。

b0139547_1272353.jpg


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-08-14 12:08 | ナレーション | Trackback | Comments(0)

2013/6/21〜7/7  [GUN WOMAN]  L.Aロケ

b0139547_1256403.jpg


2013年6月21日20:30 Narita International Airport
主演の亜紗美と二人、マレーシア航空92便に搭乗しロスアンゼルスへ向かった。

いよいよ始まる3週間の撮影に心躍らせながら、二人は機内で爆睡し、目覚めると眼下にアメリカ大陸が広がっていた。

b0139547_12445855.jpg


ロスでの居住地は日系企業の多いトーランスのモーテル。
すぐ裏手の日系スーパーには 『がんばろう!日本』 の横断幕。

b0139547_1245517.jpg


生活はしやすく、Wifiもなんとか繋がった。

特殊メイクのテスト、アクションシーンのテスト、芝居のテスト、衣装合わせ、持ち道具確認...
一日一日がとても早く過ぎて行く。

そんな中、ロス在住の女優で僕の妻役のMidori Okadaさんと、役作りを兼ねての2時間デート。ビックリしたのが、二人には共通の友人がいた事!!!それも映画界ではなく、学生時代に仲良く遊んでいた、僕にとっては大好きな先輩と彼女は友人だったのだった。。。

b0139547_1246292.jpg


俄然、不思議な縁に後押しされて撮影が楽しみになった。



そしていよいよクランクイン!!!

ロスのダウンタウンを年代物のアメ車で滑走し...

b0139547_1247872.jpg


b0139547_12472997.jpg



俺の役の部屋では...

拳銃を...


b0139547_1248068.jpg



あんなことや...

b0139547_12484737.jpg


こんなことや...

b0139547_12491394.jpg


どんなこと...???

b0139547_12513640.jpg


諸々諸々....ネタバレ注意報発令中!


ロケでは休憩中に大自然の中での喫煙を注意されたり...笑
(当たり前だね。汗)

b0139547_12502671.jpg


CM撮影か!!!

ってなゴージャスなカットを撮影したり、

b0139547_12504714.jpg



日本語と英語の飛び交う現場を、汗だくになりながら走り抜けた3週間。。。

ラストカットで肋骨をガッツリやっちまうというオマケ付きだったが....


打ち上げも絶叫で盛り上がり...

最高にハッピーな現場で、チョー楽しかった!!!

b0139547_12523243.jpg


完成が楽しみで仕方がない。。。

b0139547_1254045.jpg



kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-08-13 12:56 | 映画  | Trackback | Comments(0)