Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

役者とは...つくづく因果な稼業なものだ。

実生活で心に決意した生き様に重なる役と出会う。

何でだろう〜何でだろう〜なんでだなんでだろう〜



『何か一つのこだわりを持ち、ただその道を極めることを選ぶ人もいる。』

『こだわりを捨て、日々の流れにただ身をまかせることを選ぶ人もいる。』

『怒りを捨て、全てを許し、神の様に生きることを選ぶ人もいる。』


果たして、人がその様な生きる道を選ぶ事が、正解か不正解なのかなんて事は誰にも言えない。それはそれ。その人の選択した人生なのだ。


『何か一つのこだわりを持てず、こだわりを捨てることも出来ず、全てを許すことも出来ず、何も選べずにいる人もいる。』

何も選んでいないのだから、正解も不正解も無い。それはそれ。その人の人生なのだ。



僕の中には百や千、万、億も越える様々な「顔」がある。
まだ出会っていない自分の中の「顔」もあるのかもしれない。

育った家庭環境、中学生時代に背負った責任、出会った大人、貴重な経験、、、
父親の背中、母親の視線、社会の変容、常識の変化、価値観の強要、、、

その中で育まれて来た僕の中の「顔」

その「顔」は、幾千幾万の人生・経験の中から作り上げられて来たのだ。


その中の一つの顔、一つの大きな顔が役者としてキャスティングされる。
配役される。。。役割を任される。。。

不思議でたまらない。


今回の役は、とても究極の役だ。
様々な世界観の中にある究極だが、この役の究極さはある意味、人類普遍のモノかもしれない。


「善悪」や「正偽」ではない。


ある一つの『魂の塊』の役。


この役と、このタイミングで出会った事実は、僕の未来に何かを生むのだろう。。。


役者とは...つくづく因果な稼業なものだ。

これだから役者はやめられない。たまらない。

ありがとう。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-04-30 12:25 | 役者・俳優 | Trackback | Comments(0)

人が生きる...人生

過去にも神はいた。
過去にも崇拝はあった。
過去にも愛を語る人がいた。
過去にも善はあった。

過去にも戦争はあった。
過去にも騙す社会はあった。
過去にも殺す社会はあった。
過去にも悪はあった。

そして今、神を信じ戦争もする。
そして今、崇拝しながら人も騙す。
そして今、愛を語るし人を殺す。
そして今、善も悪も内在する。

善の塊になれないのは人間の性。
悪の塊になれないのも人間の性。

善意と悪意の表裏の間を右往左往して生きている。

どんなに優れた人にも悪意が見える。
どんなに愚かな人にも善意が見える。

善の世界に旅立つその日まで、
悪の限りを尽くそうとしている者もいれば

善の世界に旅立つ前から
善の塊と錯覚している人もいる。

人間は人間。
人間は人間に生まれた。

人間は人間に執着し、現実をしっかりと踏まえて生きる。
それが人間。

『精神』という神の宿った人間は
悪に足を引っ張られながらも、善を見て善に向かい、
重力に引っ張られながら、明確なる想像力で宇宙を旅する。

その善に向かう想像力と、魂の宇宙旅行の夢や希望を失ったら、
重力に引っ張られた悪の塊になるだけだ。

その善に向かう想像力の世界に埋没したら、
地に足の着かない、偽の善の者になるだけだ。


引っ張り合う。
重力と悪に引っ張られながら想像と善を目指す。

これが人間に与えられた究極の『人生』なのかもしれないなぁ。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-04-27 11:06 | 日本人・地球人・宇宙人 | Trackback | Comments(0)

晴れ晴れしたい。それだけだ。

東京は…
1週間のうち6日は限りなく黒に近い灰色の曇り空。
1ヶ月に2~3日は晴れの日がある程度だが、それも快晴と呼べる日は限りなくゼロに近い。この1ヶ月では強風の日も多い。月の半分くらいは強風じゃないかな。。。地方から上京してきた人が多い東京では、これが東京の気候と思って疑わない人も大勢いるのだろう。だが、東京で生まれ育った僕には、明らかにこの数年で晴れの日が激減しているのは間違いない様に感じている。

このドンヨリ感…
この荒れ狂う風…

これまでの人間の生活のツケかな。
心が晴れ晴れすることができない。
こんなことはこれまでになかった。

TVでは…そんな国民を無理に笑わせようと、面白くない人達が面白くない事を面白おかしく話すことに躍起になっている様が、どのチャンネルを回しても同じ顔ぶれで放送されていて、見れば見ただけほとんど笑えず虚無感がつのるばかり。庶民を無視して【何か】に気を使った当たり障りのない話なら、わざわざ見るまでもない。

チャンネルをニュースに合わせると、明らかに優先順位の低い情報が繰り返され、知りたい情報は取り上げられない。そしてキャスターや有識者と言われるよくわからない人が次から次へと登場し、そのコメントの大部分は、人々が物事の本質をわからなくなる様に注意深く不適切な言葉が使用されている。様に感じる。
これが愚民化政策なのだろうか。

ネットでは、わずかな人が懸命に正しい情報を発信しようと努めている様だ。だがその情報の真偽も、情報化社会で溢れている情報の中では、砂漠の中で石ころを探すようなものなのかもしれない。

何しろ専門家と言われる人たちの見解すらが統一されずに、あっちこっちで勝手に主張されているだけなのだから。

問題の中枢はやはり…
経済という言葉に心を無くして邁進している人間の愚かさだろう。。。

かくいう僕自身も、その経済の仕組みの中で生きているのだ。
だが、心を後回しにして経済最優先とはどうしても思えない。

みんな、自分の仕事に誇りを持っているのか?
自分の仕事は未来の社会の幸福に繋がるのか?
心に嘘をついて自分を無理に納得させていないか?
生活という言葉を言い訳にして、心に偽って生きていないか?

たとえ政治や経済の世界が暗黒の闇で覆われていようとも、
一人一人の人間が、偽りなき心に満たされているならば、
他人(ひと)を信じ、自分を信じられる日々を送るならば、

いつの日かこの東京でも…

快晴が見れるんじゃないだろうか。

晴れ晴れした気持ち良さに、包まれたい。

それだけだ。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-04-21 18:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)

【母なる大地・父なる太陽】


小学生の合唱曲で「大地讃頌」を歌った。忘れられない歌のひとつ。
子供達はみんな、もちろん僕自身もあの歌が好きで、心を躍らせながら歌っていた様に記憶している。

しかし、現実の大人社会が「大地讃頌」していないことにも気付いていた。
理想的な素晴らしさを子供達に歌わせながら、現実的な醜さを見せられてきた。

母なる大地を…

母を…

大人は切り裂き、削り取り、掘り起こし、コンクリートを流し込み、塗り固め、その上に立ち、その建造物に囲まれて、我々は生きている。

地中で生活してる多くの生命を
殺し、住居を奪い、人間本位に生きている。

それが現実。それが正解。それが経済。

そう教育されてきた。


人間は蜘蛛の巣を作るクモではない。人間は蜘蛛の巣を紡いでいる一本の糸にすぎないのだ。
他の動植物や、空気や水無しでは生きられないのだ。
他の糸は滅ぼし、人間だけが生き残る等という考えは妄想。
他の糸を滅ぼした報いは、必ず人類という一本の糸に返ってくる。それがいつかはわからない。
だが必ず返ってくる。いや、もう既に、徐々に、急激に、返ってきているのではないだろうか。。。

白人を先導に、黄色い白人も追随し、大気圏や地中、海中で数千回も行われてきた核実験。

白人は原子力空母や原子力潜水艦を北極圏に放置し、いや、ゴミの様に捨てたままにしている。
止まることのない、放射性物質を排出し続ける船を海に捨てたままにしている。
海水温度は上昇するしかない。

母なる大地、地球の表面は皮膚のように層で覆われて、父なる太陽の光を気持ちよく浴びて、照らされて生きてきたが、大気圏の核実験で皮膚を剥がされ、海に捨てられた核廃棄物で海水温度は上昇を続け高熱に犯されている。

層が破壊されてしまっている。

母の皮膚が剥がされてしまっている。

父なる太陽の恵みの光は、今や避けなければならない、人類を攻撃する強い光線になってしまったのだろうか。。。

母を切り裂き、
父を怒らせ、

子供はいつまで子供でいるというのだろう。

経済を回すために地球を破壊し続ける行為が、如何に愚かな行為か、気付く時は来るのだろうか。


母なる地球は止まらない。
浄化の為に回り続けるが、それでも止まった時にあるのは死なのだろう。

人間も止まらない。
止まった時には死だ。ただ、人間は浄化の為に回ってきたが、今は破壊の為に回っている。

ここまでが今。

さて、じゃ、ここから先はどうしていくのか?


破壊の為に回る軸から、共存の為に回る軸に移行していけば良い。
その為には先ず、破壊行為を減らし、共存行為を増やしていけば良い。

人の心も政治も社会も、その様に軸が移行して行けば、まだ望みはある。

希望の光はさしている。

先ずは世界中で使用されている核燃料を如何に減らし、如何に地球に返していくか。
放置している核のゴミを如何に回収し、地球に返していくか。

これだけでも早くても数十年はかかるだろう。
上手くいくかすらわかっていない現状からの出発なのだから。

しかし、子供達の未来を本当に考えるのなら、大人がその手本を示し、道筋を作ってあげなければならない。

大地讃頌を歌わせながら、大地破壊をしていては、説得力は生まれない。

子供にまともな常識を説明しても、大人の生き様がまともでない常識にハマっていたら、説得力は生まれない。

先人達から培われてきた素晴らしい自然界との共存の精神が、新生する現代社会と共存できたなら、未知なる世界が広がっているかもしれない。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-04-05 17:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

本質を見る

物事の本質を見る。

これは大事。

みんなそう思っているだろう。
だが、現実はそうなっていない。

この現実を穴があく程見抜く。

それは、残念ながら誰もがやっている事ではない。

若いから仕方がないとは思わない。
若いからこそ、早く本質を見る目を養い、
少しでも早く気付かなくてはいけないと切に思う。

人生の諸先輩方と比較したら俺だって若過ぎるくらいだ。

しかし、その諸先輩方が築いてきたのが「今」でもある訳だ。

若さなんて20歳を越えたら同じだよ。

気付く人はすぐ気付く。

物事の本質を見る。

それが大事。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-04-01 02:29 | 日記 | Trackback | Comments(2)