Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

【母なる大地・父なる太陽】


小学生の合唱曲で「大地讃頌」を歌った。忘れられない歌のひとつ。
子供達はみんな、もちろん僕自身もあの歌が好きで、心を躍らせながら歌っていた様に記憶している。

しかし、現実の大人社会が「大地讃頌」していないことにも気付いていた。
理想的な素晴らしさを子供達に歌わせながら、現実的な醜さを見せられてきた。

母なる大地を…

母を…

大人は切り裂き、削り取り、掘り起こし、コンクリートを流し込み、塗り固め、その上に立ち、その建造物に囲まれて、我々は生きている。

地中で生活してる多くの生命を
殺し、住居を奪い、人間本位に生きている。

それが現実。それが正解。それが経済。

そう教育されてきた。


人間は蜘蛛の巣を作るクモではない。人間は蜘蛛の巣を紡いでいる一本の糸にすぎないのだ。
他の動植物や、空気や水無しでは生きられないのだ。
他の糸は滅ぼし、人間だけが生き残る等という考えは妄想。
他の糸を滅ぼした報いは、必ず人類という一本の糸に返ってくる。それがいつかはわからない。
だが必ず返ってくる。いや、もう既に、徐々に、急激に、返ってきているのではないだろうか。。。

白人を先導に、黄色い白人も追随し、大気圏や地中、海中で数千回も行われてきた核実験。

白人は原子力空母や原子力潜水艦を北極圏に放置し、いや、ゴミの様に捨てたままにしている。
止まることのない、放射性物質を排出し続ける船を海に捨てたままにしている。
海水温度は上昇するしかない。

母なる大地、地球の表面は皮膚のように層で覆われて、父なる太陽の光を気持ちよく浴びて、照らされて生きてきたが、大気圏の核実験で皮膚を剥がされ、海に捨てられた核廃棄物で海水温度は上昇を続け高熱に犯されている。

層が破壊されてしまっている。

母の皮膚が剥がされてしまっている。

父なる太陽の恵みの光は、今や避けなければならない、人類を攻撃する強い光線になってしまったのだろうか。。。

母を切り裂き、
父を怒らせ、

子供はいつまで子供でいるというのだろう。

経済を回すために地球を破壊し続ける行為が、如何に愚かな行為か、気付く時は来るのだろうか。


母なる地球は止まらない。
浄化の為に回り続けるが、それでも止まった時にあるのは死なのだろう。

人間も止まらない。
止まった時には死だ。ただ、人間は浄化の為に回ってきたが、今は破壊の為に回っている。

ここまでが今。

さて、じゃ、ここから先はどうしていくのか?


破壊の為に回る軸から、共存の為に回る軸に移行していけば良い。
その為には先ず、破壊行為を減らし、共存行為を増やしていけば良い。

人の心も政治も社会も、その様に軸が移行して行けば、まだ望みはある。

希望の光はさしている。

先ずは世界中で使用されている核燃料を如何に減らし、如何に地球に返していくか。
放置している核のゴミを如何に回収し、地球に返していくか。

これだけでも早くても数十年はかかるだろう。
上手くいくかすらわかっていない現状からの出発なのだから。

しかし、子供達の未来を本当に考えるのなら、大人がその手本を示し、道筋を作ってあげなければならない。

大地讃頌を歌わせながら、大地破壊をしていては、説得力は生まれない。

子供にまともな常識を説明しても、大人の生き様がまともでない常識にハマっていたら、説得力は生まれない。

先人達から培われてきた素晴らしい自然界との共存の精神が、新生する現代社会と共存できたなら、未知なる世界が広がっているかもしれない。


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2013-04-05 17:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kairindian.exblog.jp/tb/20248212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。