Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

再び・・・気仙沼支援物資搬送・復興作業を終えて-詳細1-

4月10日(日曜)

本当に嬉しい事に、多くの方々の積極的なご協力のお陰様で、
この日までにも随分支援物資が届いていました。

同じ声の事務所〖アクセント〗の村田博美さん。
前回は、仕事の現場が偶然一緒になり、支援金のご提供をいただいたのですが、
今回は物資の提供をして下さると言う事で、愛車のハリノ助で受け取りに伺いました。

予定時間より少し前に到着し連絡し、車から降りて待っていると、
ご自宅とは違う方向から・・・

『成田さーん!』

声のする方を見てみると・・・

ヘルメットを被って颯爽とやってくる自転車っ!

麺つゆを用意して下さっていたのだが、麺つゆには麺類が、そして麺類にはボールやお玉・・・
と、必要なモノが増えていったらしく、朝から購入してきて下さったのでした。

こういう「気持ち」。。。


w(^o^)w


軽く立ち話をして、またの再会を約束し・・・

支援物資集積所をかって出てくれている平木寛子邸へと向かいました。

平木邸には、今回同行するCARE-WAVEの沓沢周一郎さん、松村達冬さん。
そして道中の高速情報を東京からナビしてくれる前田織里奈さんも来てくれました。

物資の量を確認し、仕分け方法、運行予定等を話合い、解散。

その後芝居を観劇し、夜にはもう一つの集積所。

田川光希さん・石原満里奈さん宅へ

二人はCARE-WAVE理事長の鎌田真由美さんの生徒で、
今回の協力に手を上げ、現地同行もするという。

二人で同居しているので部屋数もあり、和室には物資が山積みされていました。

果たしてバンだけに積み込めるか?

焦る程の物資の量に、多くの方々のご協力の「思い」を感じたのでした。


また、CAREーWAVEスタッフの伊藤由佳さんは、この日も大好きなミュージカルの観劇。
その後わざわざ遠いにも関わらず、カラの携行缶70L分を、
我が家の隣にあるガススタまで運んできてくれていた。

ガススタには伝えてあったので、快く引き受けて下さった様。


感謝。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月11日(月曜)


前回に引き続き、加藤事務所さんがバンを提供下さった。
高速道路が復旧し一般車が通行可能になった事で、緊急車両通行証の発行はもうされていない。
今回の気仙沼行きでは唯一、このバンだけが通行証を持っている。
貴重な車両。

高円寺駅から徒歩15分。
加藤事務所さんから鍵を受け取り、お借りしたバンに乗り込んだ。

まずは我が自宅へ。

ハリノ助(我が愛車)には、物資ではないが欠かす事の出来ないモノが積まれていた。
我々支援隊の食料、水、数人分の寝袋、ガムテープ、ひも、台車、等々・・・

これらをバンに積み替え、ガススタへ。

昨日、CAREスタッフの由佳さんが届けてくれた携行缶に
ガソリン満タン70L。トラック用の軽油20L。

そして、これまた前回同様、
同じ声の事務所〖アクセント〗に所属する風間勇刀さんが、
台車と携行缶にガソリン満タン20Lを提供してくれた。

本当に有り難い。



夜には・・・


4月5日のブログにも書かせてもらったが、気仙沼出身の大学生。
今は同郷の4人でバンドーthe Revaizーを組んでいる志田淳君の・・・

復興支援ライブに顔を出す事が出来た。


故郷、宮城県気仙沼市。
2011年3月11日。未曾有の大地震、巨大津波に襲われ、
津波により破壊された重油タンクの油が流出し火災・・・

燃え盛る火は、津波に乗り、街全体を炎で包み込んだ。


その気仙沼で生まれ、育ち、全ての記憶が気仙沼の土地と共にあった淳が・・・仲間達が・・・
惨状を目の当たりにし、俺には想像もできないココロの空虚感を感じたことだろう。

その4人が、こうして震災からちょうど1ヶ月後に東京新宿で復興支援ライブをやった。

素晴らしいことだ!

20歳も年下の彼等は、これから先、この大震災が故郷に残した爪痕と共に生きて行く。

故郷には、彼等よりも苦しい状況にいる人々、仲間達が大勢いることだろう。


それでも、全てオリジナル曲の中、MCで淳は言った。


『2011年3月11日を超えて生きている人達には意味がある。
生きている僕らがこれからを創って行く。』


この4人の思いを、俺なりに胸に抱き・・・

『明日、気仙沼に向かう。』と心に誓ったのだった。

b0139547_15405539.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


4月12日(火)

出発の日。

俺の運転するバンは田川・石原邸へ
積み込み作業終了後、平木寛子邸へ・・・

の前に・・・

劇団青年座研究所の後輩で女優として活躍している
もたい陽子さんが、物資を提供したいと申し出てくれていたので、
途中立ち寄り、お預かりしました。

実はもたいさん、ツイッターで情報を拡げてくれていたらしく、
もたいさん経由での物資の宅急便も届いていました。

こうして一人一人の方の思いが、やがてトラック満載になり、
文字通り、多くの方々の今日を生きる糧となる。。。

ありがとう。

この言葉にまで本当に感謝する。



さて、いよいよ平木邸へ・・・

の前に・・・

実はこの日も朝から大きな余震があり電車が止まってしまった関係で、
田川・石原邸の集合に来れなかった同行者が1名。
CARE-WAVE理事長鎌田さんの生徒、高井渚紗さん。

彼女を中野駅でピックアップして、いよいよ平木邸へ・・・
ようやく平木邸に到着し、事務局の千恵子さんから経費(皆様からの支援金)を預かり、
平木邸での物資の積み込みも完了し・・・


出発!


セレナと2tトラックは横浜市立錦台中学校へ向かっていた。
前回、大量の物資をご協力いただいた市ケ尾中学校の平川校長のお声掛けで、
今回も別の中学校が物資の支援をして下さったのでした。
全校生徒560名。

東京で道中の後方支援をしてくれる織里奈さん、
CAREーWAVEには第一回から協力してくれている内藤歩さんも
横浜が近いとのことで、積み込みの手伝いにかけつけてくれた。

3台は、東北自動車道、蓮田SAで落ち合うことになっていた。

バンは予定よりも1時間程早く到着していたので、早めの食事休憩。
程なく、セレナ・2tトラックも到着し、今回の気仙沼支援隊が集合した。


〖今回のCARE-WAVE支援隊メンバー〗

バン:成田浬(運転)・澁谷祐介・高井渚紗
2tトラック:松村曜生(運転)・沓沢周一郎
セレナ:宇田川伸一(運転)・村松直浩・二宮綾音・石原満里奈・田川光希・鎌田理事長

総勢11名・・・


あれ?


一人多い・・・?


なんと・・・錦台中学校に積み込みのお手伝いに来てくれていた内藤歩さんがいる!

『鎌田さんに連れて来られました・・・笑』

また鎌田さんがやってくれました。


理事長の思いつきと少々強引な判断には慣れてきましたが、
それも上手く行けばとても効果的なこともあり・・・
(そうでない事もあるが・・・汗)

ま、高速のSAで置いて行く訳にも行かず、来てしまったものは仕方がない。
(幸い、寝袋や食料等、一人位増えても構わない準備は・・・僕がしていた・・・(- -;)v

最後までとことん付き合ってもらおう。
と言う事でセレナに同乗してもらい、総勢12名。


蓮田SAを出発したのでした。

次に落ち合うのは、今夜の仮眠場所である宮城県の長者原SA。
それまでは各々で休憩、給油、食事を取ることにした。



予定よりかなり早く、我々バンは22時には無事に長者原SAに到着した。

残りの2台もだが、

実は今回の支援隊には名古屋からも賛同者がおられ、
長者原SAで落ち合うことになっていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2tコンテナ車・ワゴン車・2tロング車の3台で向かっていたのは、
RUN FOR PEACEの秋田稲美さん・伊藤幸二さん・斎藤篤さん・池崎さん・羽原さん・後藤さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CAREの2台も無事に到着し、夕食を済ませ、名古屋チームを待っていた。
東京で後方支援してくれている織里奈さんからも、順調に向かっている旨の
報告を受けていた。のだが・・・

織里奈さんから落ち着いた声で電話がきた。

『緊急のバッドニュースです。名古屋チームの2tトラックが動かなくなり、
現在、蔵王PAにて停車中。現地で連絡取り合って下さい。』

鎌田さんが先方と連絡を取り、僕は織里奈さんと連絡を取りながら、
レッカー、レンタカー、こちらのトラックでピストン運搬・・・
等々、対応策を練ってはみたものの、時間は深夜の零時を回っている。

そうでなくても全員、長距離移動で疲労困憊。

今夜の所はまず、それぞれ仮眠を取り、
予定通り明日の朝6時30分に、長者原SAにて集合。

蔵王PAに置き去りにされた2tトラックに関しては、明日考えよう。

と言う事になった。


何事も、始めてみると何かが起きる。
順風満帆なんて、そうそうは無い。

それでも、必ず上手くいく。

そういう思いだけはあった。


頭の中には色々なことが駆け巡ったが、
いつの間にか・・・
バンの助手席で寝袋の中・・・

眠りについていた。



kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2011-04-21 15:44 | 復興支援 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kairindian.exblog.jp/tb/15316596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。