Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

再び・・・気仙沼支援物資搬送・復興作業を終えて

3月24日〜26日の支援物資搬送に引き続き、
4月12日〜15日まで、再び宮城県の気仙沼へ行ってきました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの日から・・・

ちょうど一ヶ月が経ちました。


『地球が揺れたほんの数分間。

その復興は数十年にも及ぶかもしれない。。。

そして受けた心の傷は

たとえ癒えたとしても消える事は無い。。。』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【率直な印象】

震災から2週間後だった前回は、自身にとっても初めての経験でした。
まだ寒く、夜には零下の冷え込み。頻発する余震。
気仙沼の町にはガソリン待ちの渋滞が長蛇の列を成しており、
燃料不足から走行中の車はほとんど見られず、
唯一開いていたスーパーにも長蛇の列。

まだ・・・『生活』という言葉すら存在しない・・・

それよりも・・・『生きる』『命をつなぐ』という印象が強かった。



電力の復旧もされていず、信号機も消えたまま。

辛うじて自衛隊の開いてくれた道はあるが、道路脇は震災直後のまま・・・

潰れた車、ひっくり返った車、重なった車、泥だらけの店舗、ガラスの無い店舗、
山積みの泥、瓦礫・・・さらに進むとそこは・・・




全てが潰れ、流され、グシャグシャになった広大な大地・・・


「なんにもない。。。」












宙の一点を見つめたままの人・・・

『ゼロ』で歩いてる人・・・

希望の無い、絶望の淵を彷徨っている人・・・











大地震・巨大津波・余震・原発・・・

一言で言い表す事など到底不可能だが・・・


《一瞬にして全てを飲み込んでしまう現実を体験してしまったショック。》
《まだ何か起きそうな不安感。》


『この現実を、信じられない。・・・思いで、でも現実で・・・
受け入れざるを得なくて・・・悲しくて、不安で・・・信じられなくて・・・』


そんな風景ばかりが目について、

印象は・・・本当にきつかった。


このまま放ってはおけない!
とにかく、縁あって生き残った人には生きて欲しい!


まず生きて・・・






希望が沸いたら・・・


そこに向かって、立ち上がり・・・一歩を踏み出して欲しい。



これが2週間前の気仙沼での印象でした。






2週間経って・・・


今回の気仙沼に着いて先ず感じたのは、走行中の地元の車が増えた事。
そしてガソリンスタンドでの渋滞が無くなっていた事。

開いているスーパーは変わらず一軒のみでしたが、
そのスーパーへの買い物に車で来れている様子。また、買い物の列が無かった事。

つまり、
「買わなければならないものが最低限でも揃ってきているのでは・・・?」


少し希望を感じられた光景でした。

それに、前回は点いていなかった信号も点いていました。
(未だ電気の復旧がされていず、信号機が点いていない所も沢山ありますが)

国道沿いではほんの数店舗ではありましたが、営業を再開しているお店もありました。

再開に向けて準備しているであろう光景も見えました。


『やった!この調子で頑張って!』


ほんの2週間でも、これだけ変われる。

外からやってきている自身だから感じる事なのかもしれないけれど・・・

まだまだ全然ではあるけれど・・・確実に、着実に、復興へ向かっている!



マクロ的にはそんな印象を受けた、今回の気仙沼でした。


ミクロ的には・・・もちろん、まだまだ・・・まだまだですが。。。




今回の気仙沼行きから帰京して、率直な印象でした。

詳細は追ってアップいたします。



kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2011-04-18 11:39 | 復興支援 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kairindian.exblog.jp/tb/15290354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。