Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ご報告ー気仙沼支援物資搬送を終えてー2

前日からの続き・・・



3月26日(土)

寝袋にくるまり車中泊だったが、
前日の寝不足もあってかよく眠れた。

朝7時。

気仙沼の小野寺さん宅から出発し、東京への帰路に。

途中、気仙沼のガソリンスタンド待ちの渋滞を何度も見かけたが、
先日の東京での渋滞の比では無かった。

車が無くては成り立たない、移動手段の無い地方の町。

しかも物流がストップしている。

内陸の町まで行けば、なんとか買える物があったとしても、
そこまで行く手段すら無くなっている。

東京のニュースではライフラインという単語に集約されるが、
その言葉の現実は、文字通り『死』に直結するのだ。

実際、この日、翌日のスタンド営業でガソリンを入れる為に
深夜から列に並んでいた80代のおじいさんが、
ガソリンを使わない為にエンジンを切り、
しかし外は零下の冷え込みの為、
車内に練炭を置いて暖をとっていたら、
そのまま一酸化中毒で・・・
お亡くなりになってしまったらしい。


『次に来る時は車いっぱいに燃料を積んできたい。』

と思ったが、次回来る時までには、復旧している事を願った。



一路、東京へ向かった。

東北道は・・・ひどい強風だった。

ハンドルが何度も強風に取られそうになった。
前を走る車のお尻がグワングワン揺れている。

宮城県、福島県、栃木県、強風は収まる気配すらなかった。

途中、栃木県の那須高原SAで休憩をとった。

天気は晴れ。

しかし、吹雪の様に雪が舞っていた。



『放射能の雪か・・・?』



こんな事を考えなければならない悲しい時代を・・・

俺、生きてるんだな。


『直ちに人体に影響は出ない』とかどうでもいい。


人為的に作り上げ、使用している燃料で、

『死』を感じながら雪を見る。。。



この理不尽な悲しみが耐えられない。



日本人の美学の一つ。


散り行くものの儚さ。。。


桜吹雪。
雪。


そこに放射能吹雪も足さなきゃならなくなってしまった。



15時。東京着。


解散。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


僕は役者を生業としている。

不謹慎に思われるかもしれませんが、
この度の東日本大震災は、
世界の歴史上に於いても未曾有の大震災です。

それが我が日本で起きてしまいました。
地球に、日本が選ばれてしまいました。
悲しい現実ですが、事実です。

嘆いてばかりはいられません。
未来へ向かわなければなりません。


虚構を通して、人のココロに真実を届ける。
他人のココロに感じ入り、動かす。


この多難な生業を選択した役者は
真実を知る事は不可欠と思います。

興味本位や物見遊山では言語道断だが、

『百聞は一見にしかず』だった。

それは本当に辛い事だが、誰かがしなければならない。

繰り返してはならないから。

そして希望と未来を見いださなくてはなりません。

「使命感」もあるのかもしれません。


[支援、救援に尽力する]

[現実を直視し、次に伝える]


この2点を続けていきたいが・・・

ボランティア活動は非情に難しいと感じました。
しかし、僕は、ボランティア活動をしたいのでは無い。


究極の震災の中で生き延び、命を繋げた人に、
最後まで生き抜いて欲しい。


せっかく生き延びたのに・・・


原発の事故処理に追われ救済活動に専念出来ずにいる
自衛隊や自治体、消防、救急、警察、海外からのレスキュー隊・・・

その為に飢えと寒さで二次的に命を落として行ってしまう方々がいる事を
少しでも食い止めたい。

国家や政治が出来ない状況なら、やるしかない。

ボランティアにはボランティアのルールがあるので、
被災地の方々にご負担、ご迷惑をかける事無く、
お気使いをされる様な事も無く、

不慣れではあるけど学びながら、
継続的に続けていきたいと思っている。


被災地の方々には、

温かいもの食べて、ゆっくり寝て、
今日を生きて、明日を生きて、
町の仲間と語り、
活力が沸いてくるのを待って、
希望を持って、
悲しみを乗り越えて、
立ち上がって欲しい。

焦る事はなくとも少しずつでも復興に向かっていって欲しい!


そしていつか・・・
僕がおじいさんになる前に、
気仙沼の美味しい魚料理が食べたい。



kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2011-04-01 03:45 | 復興支援 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kairindian.exblog.jp/tb/15147915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。