Aho Mitakue Oyashin !! Ho oponopono !! Native Yamato -kairindian's blog!!- このブログは成田浬(カイリ)本人が書いています。勝手ながら記事へのコメントは承認制にしております。


by kairindian "indian_joe714"

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。


2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。


みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になること!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

幻の映画  『樺太1945年夏 氷雪の門』  観てきた。。。

b0139547_23584177.jpg


1974年に製作され、当時としては破格の五億数千万を超える超大作として話題を呼びながらも、公開直前にソ連の圧力によって上映禁止。葬られた幻の名作。
残された一本のフィルムが、36年の時を経て、ようやく公開された。。。

1945年夏、樺太西海岸・真岡町。日ソ不可侵条約を破棄したソ連が日本への進撃を開始。真岡郵便局で働く電話交換嬢たちの実話を元に製作された映画である。

8月15日終戦後、ソ連軍が樺太に進攻。8月20日、町は戦場と化した。逃げまどう人々。鳴りやまない電話。彼女らは最後まで職場を離れようとはしなかった。取り残された九人の乙女たち。たった一本残った回線から聞こえてきた最後の言葉は…。


本当に・・・観て良かった。

上映禁止になる程の本物の映画でした。

この先、いつまた観れるかわかりません。

8月中旬までは公開しているようです。

今の日本人が、何をおいても観るべき映画と思います。

父が初めて特撮技術監督として関わった映画でもあり、公開されない事に憤っていたのを思い出しました。

政治、欧米との関係、経済発展と精神衰弱、北方領土問題、南北朝鮮半島問題・・・等の問題に対しての認識と再考のきっかけはもちろん。

映画とは・・・
俳優・役者とは・・・
心に強く響くとは・・・等、強く感じられる素晴らしい作品でした。


渋谷駅徒歩5分

シアターN

1日4回上映。


是非!!!


『樺太1945年夏 氷雪の門』


総指揮:三池信、小倉寿夫
製作:望月利雄、守田康司
原作:金子俊男
脚本:国弘威雄
監督:村山三男
撮影:西山東男
照明:野村隆三
美術:木村威夫
音楽:大森盛太郎
録音:安田哲男
特撮技術監督:成田亨
助監督:山野辺勝太郎、新城卓

出演: 二木てるみ、 鳥居恵子、 岡田可愛、 野村けい子、今出川西紀、八木孝子、相原ふさ子、桐生かほる、木内みどり、北原早苗、岡本茉莉、大石はるみ、藤田弓子、真木沙織、藤園貴巳子、千秋実、若林豪、島田正吾、丹波哲郎、三上真一郎、藤岡重慶、黒沢年男、佐原健二、今福正雄、赤木春恵、七尾伶子、伊沢一郎、田村高廣、南田洋子、浜田光夫、岡田由紀子、柳田慶子、栗田ひろみ、見明凡太郎、柳谷寛、織本順吉、鳳八千代、久野四郎、城山順子、久米明、他
配給:太秦
提供:「氷雪の門」パートナーズ、アジア映画社、太秦株式会社
協力:「氷雪の門」上映委員会


kairindian
[PR]
by indian_joe714 | 2010-07-24 23:58 | 観劇・観映 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kairindian.exblog.jp/tb/13646303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by still at 2010-07-28 10:00 x
いろんな方の感想やご意見が公開されていましたが、
こういった作品のうけとり方も千差万別なことに衝撃でした。
どのような意見も尊重出来るような自分でありたいと思うのですが難しいなと思いました。弱いです。

感謝しながら大切に生きていきたいと思いました。
いつもそこに行き着きます。

Commented by indian_joe714 at 2010-07-29 03:27
>stillさん

劇場にも多くの方の感想が掲示されてました。
国、人種、環境の違いや、個人の思想の違いで受け取り方は本当に様々でした。。。
思想や言論の自由は当然と思うので、「色んな感じ方をする人がいるな」と思いました。
ブログ記事の内容は、国や人種、宗教、文化、歴史は尊重し、その上で、そろそろ「地球人」としてのアイデンティティーを持つべき時代に入っていると考えている、あくまでも自分個人の感想です。
Commented by はじめまして at 2011-02-05 23:24 x
『本物の映画』と読んで嬉しくなりました。私は出てないですけど、この映画を推薦されると嬉しくなります。
本当にもっと大勢の方に見て頂きたい、そんな映画だと思います。
Commented by indian_joe714 at 2011-02-06 02:51
>はじめましてさん

「映画」には娯楽性やエンターテイメント性等、様々な作風があって良いと思いますが、、『文化』という側面から観ると、政治では解決出来ない、触れられない「事実」を「真」に伝えて行く、広めて行く役割があって然るべきと強く思います。

敗戦国であろうと、真実は真実と訴えて何が悪いのか!と思っています。
限りなくドキュメンタリーな映画の代表作と思います。
腐敗した政治での解決が望めないなら、文化は経済至上主義に染まらず、映画文化としてその道から脇に逸れる必要は無い。