Native Yamato -kairindian`s blog!- このブログは成田浬本人が書いています。誹謗・中傷・卑猥な画像・DM並びに、掲載写真の転用等は固く禁じます。


by indian_joe714

画像一覧

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

・・・

この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。

2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。

『我が人生』

ーkairindianー

みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になることです!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
観劇・観映
居合道
おめでとう!
CARE-WAVE AID
日本代表
kairindian
生みの親
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

Yさん 非公開での..
by indian_joe714 at 11:16
>stillさん ..
by indian_joe714 at 01:18
久々に拝見させて頂きまし..
by still at 21:39
>ファンファンさん ..
by indian_joe714 at 11:16
素敵な座組でしたね。 ..
by ファンファン at 20:26

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ライフログ


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え


幸せになろう!

ファン

記事ランキング

自家製乳酸菌【リジュ..
2014年2月のご報告
ありがとう!!!『リ..
審査員特別賞受賞!!
2014/3/11
『新年のご報告』
Tiramisu&E..
ネイティブアメリカン..
2013/6/21〜..
10 ☆卒業公演☆

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite

2014/3/11

2011/3/11

あの時、僕は地下の小さな劇場にいた。演劇の街、下北沢の。

舞台上では、満員のエレベーターが落下して人々が右往左往しているシーンだった。頭上の照明も激しく揺れ、客席も揺れる。恐い。こんな激しい演出?な訳ない。地震だっ!!!

主演女優は熱演で気付かない、客は舞台上で続く芝居に逃げて良いのか解らずに、ただ座って焦っていた。

長く...長く続く地震にようやく気付いた女優さんは突然叫んだ。「ちょっと待って、待ってー!皆さん、これから私達が避難の支持をしますので焦らずに避難しましょう!」言うや否や舞台上から飛び降り、我々は誘導され、地上に出た。


地上に出ると、多くの人が路上で空を見上げていた。全ての人に見たことも無いような大きな動揺が見えた。井の頭線が高架の上で止まっていた。

こんなに多くの人が歩いている甲州街道は見たことが無い。
みな、歩いていた。歩いて歩いて、ヒッチハイクして、助けて、家に着いたのは夕方6時をまわっていた。。。


TVをつけると...信じられない光景が繰り返し繰り返し流れていた。津波。
それも東北のあらゆる街が...どこもかしこも津波、津波、津波。。。

明くる日は、福島原発が爆発し、その後、また爆発し、また爆発した。。。

放射能を調べた。放射線と放射性物質が違うことも初めて知った。そのくらい...無知だった。

防護マスクをネットで購入した。

気仙沼に行かなければならなかった。共演者の子供達がいっぱいいたから。誰が何と言おうが、放ってなんておけなかった。

3/22に気仙沼へ行き、津波被災を目の当たりにして愕然とした。言葉なんて出るはずも無く、ただ涙が溢れた。三途の川のようだった。。。

脳裏に焼き付けられた光景は、東京に帰っても僕の心を支配していた。加えて放射能汚染。途方も無い。何もわからない。どうすりゃいいのかなんにもわからなかった。ただ、4月にも気仙沼に行こうと決めた。



その最中で、大好きな監督のクリスタルガイザーCMナレーションの仕事。

Mt.Shastaと出会った。。。

美しかった。ただただ美しかった。
雄大に、荘厳に、大きく、強く、優しく、そこにそびえ立っていた。

「何にも恐れる必要は無い。自然の意のままに受け入れ、浄化し、美しくして、次へ繫ぐ。それだけ。」

「”Shasta”に来なさい」

そう言われているようだった。


「”Shasta”に行こう !!!」

心に決めると、色んな事が動きだし、恵まれた出会いに導かれる様に7月25日には ”Shasta” にいた。


空気、空、水、大地、木々、動植物、人、花々、虫....全てが生きていた。活きていた。

なんだかわからないけど...

愛に満ちていた。


沢山のオーブに出会い、”Shastaの主”に出会い、一筋の光に出会った。

Native Indianの魂が力強く騒ぐ。


ハートレイクの畔で 「カイリさんには、Gland Circleへ行って欲しい!!」

出会ったばかりのサンフランシスコ在住の日系人にそう言われるがままに

「必ず行きます!!」

と答えていた。


半年後の2012/2/26に、母と共に父を南太平洋に還した僕は、その足で ”Shasta” に飛んだ。

2012/3/11は、冬の "Shasta"にいた。

その後、車で1ヶ月の ”Gland Circle” への旅に出た。

"Shasta"が緑と白の、水が豊かな大地

と例えるならば

"Gland Circle"は赤と青の、空の広い大地

だった。


"Sedona"から始まった”Soul Journey”は、増々、”Native Indian Soul”に栄養を与えてくれた。



東京に帰ると、人間が人間の為だけに、経済の便利と利益だけを追い求め、他人を苦しめてでも、自分だけは豊かでありたい社会が支配していた。一人一人は違うのに、社会は真逆を進んでいる。その歩みは、留まろうとすらしない。まるで、地獄への坂道を、真っ逆さまに突っ込んで行く様に見える。ブレーキの掛け方すら知らず、ブレーキをかけようともしない、身勝手な権力者の支配に、多くの民衆が汲々として、右往左往して、答えが解らずに、その特急列車に乗り込んでいる。

『みんな、その列車から飛び降りろ! 今直ぐに! 』

そう叫ぶが、届かない。

届いて欲しい。

だが、その列車の発する轟音は、僕の声なんて簡単にかき消してしまうのだ。



その後も、僕は追い求める。

何を、どうしたら良いのかなんてわからない。

それでも僕は追い求めた。


国内をできるだけ旅した。東北、北海道、信州、四国。。。

”Native”の根源を知りたくて、アボリジニの故郷を知りたくて、オーストラリアを3週間走り抜けた。

”Native”の歩みを知りたくて、アラスカの先住民を知りたくて、アラスカの大地を北極圏まで走り抜けた。


そして、2013/7/26巡り会った女性と結魂し、2014/1/1に入籍し、今を迎えている。


この先の未来に何があるというのだろう???


2011/3/11以前に、今の僕の存在なんて自分でも想像出来なかった。


それでも僕は、新たなる未知なる道をこうして歩んでいる。

一緒に歩く人もいる。

これからも、石ころにつまずいたり、川の渡り方に困ったり、
僕は、確実に真の幸福に向かっているのだと強く信じることができている。


これまでに出会った全ての人に感謝している。

その中でもとりわけ強く影響を与えてくれた人には一層感謝している。

その全ての繋がりが、今の僕を、この様にしてくれているのだから。。。


本当にありがとう。


地上で生命の営みを続けている魂にも、旅立った御霊にも、この言葉を全ての繋がりに捧げる。


""Aho Mitakue Oyashin""






Kairindian
■  [PR]
# by indian_joe714 | 2014-03-11 11:21 | 復興支援 | Trackback | Comments(0)

ありがとう!!!『リリケン波止場物語』

昨日は、人生初体験の『アルゼンチンタンゴ』でした。


思えば...「タンゴを踊るシーンのある役で浬君と芝居したい」ある女優さんのその一言で「じゃ、やっておこう!」と始めたアルゼンチンタンゴでした...


ご縁あって再会した作演出の柴さんのご紹介で、リリケンタンゴに通い始めたばかりの昨年、リリケンタンゴでも初の発表会に向かっていました。柴さんから「成田さん、司会進行をお願い出来ますか?」ということで、司会で稽古に参加させていただきました。


そのリリケンタンゴで出会ったのが...本年元日に入籍しました”神さん”でして。


昨年中は、諸々色々ありタンゴの稽古にもほとんど参加出来なかったのですが、今年も発表会、いや、今年は「タンゴ公演」します!とのことで、何しろ我々夫婦にとっては出会いの場、こりゃ出ないワケにはいかん!し、むしろ出たい!


とは言っても、入籍からご挨拶、挙式準備に、旅行と、まぁ、思いもよらない多忙な日々が続いた年末年明けで...結婚初体験(笑)のふたりにとっては、こんなに大変なものだとビックリおったまげでした。


そんな中、半ば呆れられながらも「仕方ない。できることを精一杯やろう!」と二人で励まし合ったのでした。(汗


リリさんもケンジさんも、ユリコさん柴さんも、ヨウさんもユウジさんも、アヤねぇもヒロさんも...大人の皆さんの、余裕と優しさ、厳しさと温かさに支えられ、なんとかかんとか...無事に昨日の『リリケン波止場物語』を終えることができました。。。


本当にありがとうございました。。


そして新米の二人にとっても、この上ない幸福なひと時となり、諸先輩方のハートフルな人生と大きさに、多くを学ばせていただきました。


そして広く告知もしていませんでしたが、観に来ていただいた方々、ありがとうございました!



先のことはまだわからないけど...アルゼンチンタンゴとの出会いは、僕の人生にとっても大きな1ページになったんだなぁ。。。



それにしても...いやぁ...

ホッとしました〜


昨夜は帰路もおぼろげのバタンキュ〜


疲労度Maxなのに朝は幸福Max

本当に幸福です。


感謝しかありません。


ありがとうございます。


kairindian
■  [PR]
# by indian_joe714 | 2014-03-10 11:12 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

審査員特別賞受賞!!

Yubari Int'l Fantastic Film Festival 2014 / ゆうばり国際ファンタスティック映画祭

『女体銃 GUN WOMAN』審査員特別賞受賞!!!


Special Jury Prize trophy/ 審査員特別賞のトロフィー



Special Jury Prize certificate / 審査員特別賞表彰状



映画祭に出席していた(写真左から)主演の亜紗美、光武監督、音楽のディーン・ハラダさん



自分は映画祭には残念ながら参加出来なかったけど、参加させていただいた作品が高い評価を受けるのは嬉しいものです!!

国内での上映も始まるらしいし....


昨年のロスアンゼルスでの撮影の日々の興奮が、今年もまた蘇りそうです!!


光武組、本当におめでとうございます!

そして、本当にありがとうございました!


kairindian
■  [PR]
# by indian_joe714 | 2014-03-03 11:48 | 映画  | Trackback | Comments(0)

2014年2月のご報告

ご報告

関東では大雪暴風警報。
全国的にも大雪警報、世界的にも大寒波襲来。。

そんな2014年2月14日のバレンタインデー!

私は親族のみの挙式準備で千葉県の”Hilton成田”にチェックインでした。

親族のみとはいえ、皆さん車や電車、バスでの移動でしたので、ちゃんと集合いただけるのかハラハラドキドキの一日でした。かくいう私自身も、車生活25年で初めてチェーンを購入した次第でした。


何より一番心配だったのは、新婦のヘアーメイクアップをお願いしていた ”あいさん”が、無事に札幌から辿り着いてくれるかしらん???

そして、挙式撮影をお願いしていた高校時代からの友人”Pippi”は、無事に兵庫から辿り着いてくれるかしらん???


何からなにまで、心配の絶えないSt.Valentine's Dayでした。


奇跡的にも!!!

夜には、親族一同、そしてあいさんもPippiも大集合できまして、お陰様で無事に明日の挙式の成功を祈るばかりとなりました。


挙式当日は心配していた雪もやみ、小雨の降る中、挙式会場まで車での移動。

川が溢れて増水した池の様な水たまりを乗り越え、スリップに注意しながらの戦々恐々の大移動も無事に済み、

叔父が貫主を務めております、日蓮宗本山 正東山『日本寺』にて、仏式の挙式を執り行うことができました。


ここに謹んで、ご報告させていただきます。


世間が大雪の影響で大混乱の数日でした。

「これもこれからの人生の縮図なのかな?」

なんて二人で笑いながら話しておりました。

また、その後、私の亡父の法事と結婚の報告、新婚旅行を兼ねてオーストラリアへ行っておりましたので、ブログ上ではありますが、ご報告が遅くなりましたことをお詫びいたします。


兎にも角にも...

Shastaでの結魂の儀式
元日の入籍
親族のみでの挙式
亡父への報告

を無事に終えることができました。


これも一重に、これまでご縁を賜りました皆様のお陰と心より感謝しております。

今後は二人で協力し、新たなる人生の旅路を歩んで行きたく思っております。

今後とも、これまで同様に変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。




Kairindian

■  [PR]
# by indian_joe714 | 2014-03-02 12:30 | 大切な人達… | Trackback | Comments(0)

Tiramisu&Espesso

僕が過ごす人生という時の中で、意味の無い瞬間なんて無い。

この瞬間が積み重なり、ひとつひとつの出来事、経験、出会い、別れ…その時々で響く心の鐘。

その全てが僕のかけがえのない宝物になる。

だから全てに感謝できる。


この世では…

人間が小さな欲の奪い合いを繰り返し、その為に、多くの尊い尊厳、誇りを捨てて行く。

その挙句には、人が人の命までも平然と奪い、換金して、平和という錯覚の中で一喜一憂している。

民は、その一端を背負わされる事に汲々と生活し、真理に気付かずに、人生という儚くも尊い時を無駄に過ごし、そこに偽物の正義を生み出す。そしてその偽物の正義を伝承して行く。


あぁ…儚き者達。

貴方は何の為に人生という道を選択してこの世に生まれ出でてきたのか。せっかく、豊かな人間を選択して生まれてきたのに。

尊厳と誇りを捨てた人間は、命を奪い合う野生動物と何ら変わりない存在になるのだよ。

そこには感謝は生まれない。



尊い命を…

換金と偽物の汚物を護るために使う愚かさに早く気づき、清く正しい豊かな道を見つけたまえ。



貴方の魂は…

一体何を望んでいるのか…

本当は何を望んでいるのか…

静かに、心の声に耳を傾けなさい。


kairindian

■  [PR]
# by indian_joe714 | 2014-02-18 15:37 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >