Aho Mitakue Oyashin !! Native Yamato -kairindian's blog!!- 『 このブログは成田浬本人が書いています。誹謗・中傷・卑猥な画像・DM並びに、掲載写真の転用等は固く禁じます』


by indian_joe714

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

kairindian's・・・

2011、3、11・・・
東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、この震災で失われてしまいました多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

・・・

この未曾有の大震災、並びに終息の見えない福島第一原発事故による多大な被災は、現在の日本・人類・世界への、地球や太陽系からの強烈なメッセージと受け止めております。


先ず、第一に放射性物質拡散に依る二次被害の収束、そして一日も早い東北・東日本の復興を願い、そして地球や太陽系の望む、未来の日本・人類・世界の「真の幸福」のために、役者・ナレーター・講師として、何より人として、微力ながら出来る事をして参る所存です。

2011、5、31
kairindian


『人の都合より自然の摂理を尊重し、地球を母、動物・植物を兄姉と敬い、大いなる神秘との出会いの為に。』


大いなる必然の神秘と出会う旅。。。

『我が人生』

ーkairindianー

みんなが幸福になること。

大切なのは、みんなが幸福になることです!

ーkairindianー

*******************
★☆twitter☆★
@kairindian
*******************
★☆facebook☆★
http://www.facebook.com/kairindian

*******************

このブログへのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。また、確認に時間がかかる場合が御座いますのでご了承下さい。

indian_joe714@excite.co.jp
*******************
Shasta
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
プロフィール
ON AIR 中
最新出演情報
日記
舞台
映画 
ナレーション
役者・俳優
講師
父、成田亨のこと
kairindian
旅・旅行
日本人・地球人・宇宙人
大切な人達…
復興支援
居合道
観劇・観映
おめでとう!
CARE-WAVE AID
未分類

外部リンク

kairindian's parts

最新のコメント

>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 00:19
小倉トーストとサラダ、美..
by マサトの父 at 16:41
>池ちゃんさま  ..
by indian_joe714 at 12:30
>マサトの父さま ..
by indian_joe714 at 12:25
>きょうこさま  ..
by indian_joe714 at 12:15

以前の記事

2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
more...

ライフログ


成田亨作品集


特撮美術


特撮と怪獣―わが造形美術


アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋


ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ただ「実感」を求めて…

この世に生まれて幾年…


両親から始まり、その時々で様々な人々と、魂々と、出逢ってきた。


あるモノとは遊び、あるモノとは衝突し、あるモノとはすれ違い、あるモノとは共に歩み、あるモノとは結ばれ、あるモノとは離れ、あるモノとは誓い…


人だけではなく…景色や動物、植物、山や川、海や湖に草原、岩、石ころまで…

大切なモノやクルマも…

b0139547_16293009.jpg




「運」と「縁」と「タイミング」


その1つと逢った時もある。

1つ2つと逢った時もある。

3つがバチーッと合った時もある。


そうして、また離れ、いつの日にか、どこかで、再会する日まで、それぞれの旅を続けるのだ。

b0139547_16293037.jpg



そして再会した時に、もっともっと、更に更に、深く深く、互いを知り、認め合い、慈しみあい、楽しみあい、抱きしめ逢うために。


そして、共に、そのひと時の幸福を思いっきり共有するために。。。

b0139547_16293100.jpg



この世では、あるゆることを「実感」するために、人の姿を選んだ。


そう…「実感」するために。

b0139547_16293786.jpg



時に見つめ合い、時に手を握り、時に抱きしめ合い、温度を感じ、波動を感じるために。。。


たくさん感じたい。
目一杯!感じたい。

b0139547_16293825.jpg



役者を選んだのも、それが理由なのだろうな…


旅をするのも、それが理由なのだろうな…

b0139547_16293943.jpg




「ナリタカイリ」の残り…


どれだけあるのかわからないけれど、これからもありったけの「実感」を求め続けたいと思う。


感性、感動、感謝。。。


感度上げて!


五感を超えて!

b0139547_16294150.jpg



これまでに出逢ってくれた全ての事象と、これから出逢うであろう全ての事象に、心から感謝する。


ありがとう!


そしてこれからも…


よろしく!



ありがとう。。。

b0139547_16294340.jpg


b0139547_16294497.jpg


b0139547_16294564.jpg




kairindian
[PR]
# by indian_joe714 | 2016-09-26 16:14 | Trackback | Comments(0)

中国 内モンゴル自治区 植林

10年前、映画【蒼き狼 -地果て海尽きるまで-】のロケで4ヶ月滞在したモンゴル国。

b0139547_12181417.jpg


今回は国では無く、中国国内で自治権が認められているモンゴル人自治区。いわゆる少数民族自治区。


目的は、役者である前に人として、この地球の現状をこの目で見、この身体で感じ、人として、役者としての人間力にエネルギーを与えたかったから。そして、自分が今後の人生で出来ることと出会いたかったから。


以前からニュースなどでは聞いていた。中国5千年の歴史の源、黄河の上流で砂漠化が進んでいて、その黄砂が、北京や上海などの工業地帯の化学物質を付着させながら、日本に飛散していると。


実際、ここ5,6年の黄砂は目に見えて、僕の愛車「ハリノ助」や「マルコ」に降り積もっている。

b0139547_12241917.jpg



セドナで出会ったナナさんが応援シェアしている日本人青年[宇宙の子 マサ]

彼は世界中の海の掃除を1人でやっているという、見上げた青年である。その彼のFacebook投稿で、内モンゴルでの植林緑化活動があることを知った。以前から彼に会ってみたかった。そして砂漠化の現状も知ることができる。多忙の極みの最中ではあったが、このタイミングを逃してしまってはいつ行けるとも限らない。躊躇している時では無かった。

そして、この経験は、必ずや将来の人として、役者としての自分に良い影響を与えてくれると信じてのこと。そこに懸けてみることにした。

行き、北京国際空港に到着してからすぐ、中国人、漢民族の空気感に触れることができた。感じることができた。詳細は触れないが、いつの日か中国人や漢民族の役を演じる時には必ず役に立つことだろう。

b0139547_12361923.jpg


予定を大幅に遅れて、それでもなんとか無事に内モンゴルの入り口「銀川」に到着したのは夜中の12時過ぎ。

b0139547_12354356.jpg


b0139547_12393284.jpg

b0139547_1240259.jpg

b0139547_1240293.jpg


3時間ほどの仮眠をホテルで取り、早朝に出発。目的地の砂漠へ向かう。


ついてみると、2009年から始まったこの活動の成果とともに、広大な砂漠に目を奪われた。

b0139547_12435094.jpg


b0139547_12431586.jpg


b0139547_12444457.jpg



遠山正瑛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E7%91%9B

この方の長年の植林活動に賛同された高橋さんが、この旅を先導してくれている。そしてその高橋さんに賛同して活動しているのが、今回、僕の参加したWonderful World Festival。てんつくマンが始め、今回は「かごしマン」「南の風人まーちゃんうーぽー」「宇宙の子 マサ」の3人がリーダーだ。

b0139547_12522427.jpg



上の写真の背景は2009年に植えたポプラの森。木が成長することで草が生えている。この草が定着し、ポプラが30年の寿命を全うして枯れた時、この砂漠の大地に、本来の草原の姿が蘇る。モンゴルの大草原が蘇る。


b0139547_12571727.jpg


植える!!!

b0139547_12581750.jpg



植えた!!!

b0139547_12594911.jpg



人までも。。。笑



今回は10代が4人も参加している。11歳、13歳、16歳、17歳。
なんでも遊びに変える。なんでも喜んで遊ぶ姿が懐かしい。
最高の体験、経験となって、彼等の将来に光が射すことを心より願う。

20代30代が中心となり、40代〜70代のすべての世代が揃って砂漠を掘る。


南の風人まーちゃんうーぽーが三線を弾き、祈りの歌を捧げる。

天に祈り、大地に祈り、水に祈り、風に祈り、苗に祈り、人の心に祈りを捧げる。

b0139547_1371939.jpg
b0139547_137533.jpg



b0139547_1385650.jpg
b0139547_1394537.jpg
b0139547_13101086.jpg


生える!生える!!


植林をすると、砂漠化の進行が止まり、砂が減り、草が生えてくるという。

不思議だな〜!!



ある人は植林しながら

ある人は植林を終えて

自由に大地を感じ、砂漠を歩き、夢を見る。


b0139547_13115427.jpg

b0139547_1313629.jpg

b0139547_13133564.jpg

b0139547_13142622.jpg

b0139547_13152695.jpg

b0139547_13162025.jpg

b0139547_13174252.jpg



夜...

月明かりと星明かり...そして火の命...

歌い、踊り、語らい、願い、祈り、飲み、呑まれ、飲み、呑まれ、、、


b0139547_13201593.jpg

b0139547_13205792.jpg

b0139547_13213517.jpg

b0139547_1322472.jpg



夜が明ける。。。


b0139547_1323160.jpg



ラジオ体操第一、第二で準備運動...
b0139547_14125973.jpg


そして植える...

b0139547_13263679.jpg

b0139547_13242856.jpg

b0139547_13291836.jpg

b0139547_13245773.jpg
b0139547_13251769.jpg



いっぷく...

b0139547_1330574.jpg



b0139547_13304293.jpg

踊る人もいて...


b0139547_13314655.jpg

歩く人もいて...

b0139547_13321866.jpg

立ち止まり...

b0139547_1333642.jpg

寝る。。。


b0139547_13364823.jpg

起きていっぷく。

b0139547_13362489.jpg

b0139547_1335591.jpg



陽が沈み...

b0139547_1337535.jpg


b0139547_13383086.jpg



いっぷく!
b0139547_13391465.jpg


子供は遊ぶ
b0139547_13395180.jpg


大人は呑む

b0139547_1340332.jpg


ありがたいことに「ハーン」という称号もいただいた。



800年ぶりに再会した妻
b0139547_13425374.jpg


800年ぶりに再会した息子
b0139547_13433994.jpg


800年ぶりに再会した家族
b0139547_1341535.jpg





誕生日を麻雀牌ケーキで祝い
b0139547_1493745.jpg

b0139547_1349575.jpg



夜が明ける
b0139547_13495780.jpg




地元の学生達と植林すると、みんな日本のアニメが大好きらしい。
b0139547_13504495.jpg


この子達が日本に留学しにくるんだね。
b0139547_135325100.jpg

講師を勤める専門学校をさりげなく推薦したハーン!


赤ツナギ着て太陽と繋がり、黒ツナギ着て大地と繋がり、ピンクツナギ着て人と繋がったさ!!
他の人も緑や黄色、水色に橙色のツナギを着てさ、水、風、光、微生物やなんかと繋がるんだよね。。



三角屋根で夕陽とともに眠り
b0139547_1355376.jpg


起きたら...

呑む!
b0139547_1356559.jpg



呑んでばかりの様だが、3日間で580本の植林を終え、これまでの7年間では48万本になっているらしい。

来年、再来年...

自分が植えたポプラの成長を見届けに来たいものだ。

b0139547_141119.jpg

b0139547_1415544.jpg



宇宙の子 マサは言う

『絶望が希望に変わる瞬間と出会える』


砂漠化の絶望に涙したあとは、植林で緑を増やすこと笑顔で希望を抱く。


遠山さん、高橋さん、てんつくマン、まーちゃん、かごしマン、マサ....


本当に素敵に素晴らしく、ちゃんと歩んで生きている人と出会う喜び。


また会える日まで、ひとりひとり、みんなそれぞれ違う環境で、お互いに頑張って行こう!!!




この地球という星に生まれた奇跡。

この国、この社会、この時、この場を選んで生まれてきた。

あの父と、あの母からしか生まれることのなかった[自分]という存在の奇跡。

世代を超えて、それぞれのみんなが、このタイミングで、この場で出会った奇跡。



そしてこの奇跡が、本当は必然であるという不思議な人生よ!!生命よ!!



本当にありがとう。。。


b0139547_1471744.jpg

b0139547_1451296.jpg



kairindian haan
[PR]
# by indian_joe714 | 2016-09-17 14:10 | kairindian | Trackback | Comments(0)

Great Spirits!!

アメリカ先住民=ネイティブインディアンとの出逢いが、数年おきに、天から配置された様に訪れる。



京都の寺の孫、太平洋戦争での海軍船長の孫、絵描き・彫刻家の息子を選択してこの世に生まれて45年が経過した。


もちろん、僕の知らない数多の先祖がまだまだ無数に存在し、オーブとなって見守ってくれていることと思う。


僕の先祖は、精神的感性を養い、精神的成長を志し、精神的充足を求めて生きた方々が多かった様に感じている。


そして僕は《役者》という、これたま不思議に面白い世界に身を置くことを選択し、有象無象の中に在って精神的修行を重ねながら物事の《真理》を探求しているのだと思う。


先祖代々、地位と名誉を求め権力を握ることに邁進してきたお家の人達とは、求めているもの目指しているもの大切にしたいものが違うのだろう。



【陰と陽】
白の中に黒点があり、黒の中に白点がある。

【曼荼羅】
核の周りに無数の世界が美しく整然と配置された精神世界の縮図。

【中庸】
何事においても偏らず中正なこと。

【Great Spirits】
偉大なる精神



精神を重んじてきた時代が過ぎ、物質文明が花開き、触物的欲求を満たすことが正義になったこの世界社会にあって、多くの人々が精神を捨てることを求められ、その結果生じる精神的枯渇に耐えられず、歴史に問いかけ様々な手法を探りながら、この時代、この社会とのバランスを取ろうと奮闘しているのではないだろうか。


僕もそう。

目に見えない崇高な何か。

信じることに希望を抱く。


神が救わない歴史から、実存の満足を正道とし、実存の満足は破壊を生み、破壊は肉体の侵食を生み、侵食は精神の崩壊を招く。


この大きな宇宙の螺旋の中で、それでも僕は精なる神、精神の向上を求める。


スピリチャルな世界に浸る気はない。何故なら肉体を持った人を選択したのだから。人として、偉大なる精神と正々堂々真っ向から向き合いたい。


それが、僕が人間を選択した天命なのだと感じている。


そこに時々現れてくれる…アメリカ先住民=ネイティブインディアン


民族も宗教も言葉も、時代も社会も、時間も距離も超えた世界から、御招待を受けているように感じる。


まだもう少し修行しなければならないけれど、その先が楽しみでならない。


その時…


多勢を不幸に招き、奪い、殺し、騙してきたモノタチと、どの様に再会し、どの様に向き合うのか、それも楽しみのひとつだ。



kairindian


[PR]
# by indian_joe714 | 2016-06-17 00:37 | kairindian | Trackback | Comments(0)

大和くんへ

大和くん

1週間よく頑張った!
そして無事で何より良かった!

君は《生きることを2度選ばれた人》だと思います。

お父さんに車から降ろされた時。
その車が走り去って行った光景。

君は何を思ったのだろう?

そして5分と経たない間に、次なる行動を選択して歩み出していた君は、一体なぜそんなに急いで、何を探し求め、何処に向かっていたのだろう?

それを思うと、君が《見えざる何か》に問いかけ、その導きを感じ取る感性があった様に思えてなりません。

僕の勝手な想像です。



陽が落ち、気温が下がり、人っ子一人いない山の中…

君は何を思い、何を考え、何処に向かっていたのだろう?

君は子供ながらに精一杯色々思い、たくさん考え、そして何処かに向かっていたのだろうね。怖かったんじゃないかな?


君が自衛隊の施設を見つけた偶然が、僕には奇跡的な必然に思えてなりません。

しかも鍵が一つ開いていたというのは、神様のいたずら(神様の仕業)と思えてしまいます。

鍵をかけ忘れた自衛隊員は大人の規律の中では大きなミスを冒したのかもしれないけれど、そのミスこそが君の生命を救う最大の力になろうとは、誰も考えて出来たことではないでしょう。


しかもそこには、何枚ものマットがあり、見つけた時は少なからずの安堵が生まれたのではないでしょうか?

「ここで一先ず寝れる」


食料は無くとも飲み水があったことも大きな救いでしたね。


これだけの奇跡的なことが起きても、2日3日4日…と経過する中では別の不安や恐怖も生じたことでしょう。

夜には沢山の夢を見たのではないですか?怖い夢もあったでしょうけど、楽しい夢や不思議な夢を見たのではないでしょうか?僕には、君がそこで見たであろう夢が、これからの君を予見していたのだはないかなぁ?と思っています。

誰にも言う必要も無いけれど、君がそこで経験したことは、きっとこの先の未来で花開くような気がしています。

とは言え、目が覚めたら誰もいないひとりぼっちの現実の孤独に襲われ、泣き出してくなったり、もしかしたら泣いていたかもしれないね。


それでも其処を動かなかった選択。
そうさせたのは何だったのでしょうか?

そこに行くまで10kmの山道を歩いた君が、そこからは動かない選択をした君。


不思議です。

でも、結果的にそれが正しかったんだね!


君を見つけた自衛隊員が施設の鍵を開けた時「君は正面に立っていた」と報道で言っていましたが、そうだったのですか?

その時の君の心持ち、気持ちはどんなだったのでしょう。。。

「あー助かった」と思ったのかな?
「誰だっ?!」と身構えたのかな?
「さぁ来いっ!」動物かと思った?

それとも…

「待ってたよ」って、いつか必ず、誰かが僕を助けにやって来ることを知っていたのかな?

僕にはそんな風に思えてならないんだけどね!笑



報道では社会の大人たちが

「行き過ぎたしつけ」とか「虐待」とか色々と言っていますよ。


でも、君のお父さんが君のことを愛していることは直ぐに解ります。「お仕置き」のつもりで「置き去り」にしたことを心から後悔していたと思います。君が見つかった時、真っ先に謝ったら、君が「うん」と頷いてくれたと泣いていました。


今回の君の行動は、お父さん、お母さん、お姉さん始め、多くの大人に気付きを与えてくれたと思っています。

元気に見つかってくれてありがとう。


そして、これからの君の人生で、今回の経験が大きく花開く未来を願っています。

これからも元気に健やかに育って欲しいと思います。

本当におめでとう!

本当にありがとう!


kairindian


☆Mitakue oyasin☆
★Ho•oponopono★
[PR]
# by indian_joe714 | 2016-06-04 18:48 | 日本人・地球人・宇宙人 | Trackback | Comments(0)

「後悔」と「懺悔」の「不幸」より『満足』と『感謝』の『幸福』

外見(髪型や服装)と建前(役職や立場)はいくらでも取り繕えるが…

取り繕う日々を過ごしていることに、あなたの心の中で疑問や葛藤は無いのだろうか?

どんなに「無い」と言い聞かせ、思っていても、「有る」んじゃないか?



時期が来て退職し、若さを失い社会の一線から退いた時に「やっと気付いたフリ」をするのはやめて欲しいぜ。

それ「卑怯」って言うんじゃないか?



この社会では「卑怯」でも生きて行ける。

否、「卑怯」こそがこの社会を生き抜く最善の策の様に仕組みが作られていると言った方が正確か。



だけど「卑怯」はどこまで行っても「卑怯」

「卑怯」は辛くて悲しいぜ。



そんな「卑怯」を自分から選択するのは止めた方がいいんじゃないか?

人には取り繕えても…自分に嘘はつけないんだぜ。自分の心を裏切ることは出来ないんだぜ。

卑怯の門を入るとさ、葛藤して悩んで自責の念に囚われるか、逆に開き直って「卑怯」の道を突き進むしか無くなっちまう。

そこで苦しんでいる人がどれだけ多いことか…悲しくなるぜ。

どちらの道を進んでも、その先にあるのは後悔と懺悔。



せっかくこの世を選んで生まれてきたならさ、後悔と懺悔じゃなくて、満足と感謝を選んだ方が幸福だと思わないかい?

あなたの心の中に芽生える疑問や葛藤に目を向けてさ、声を聞いてさ、匂いを嗅いで味わってさ、そこが臭くて不味くて不愉快なら、そこから離れたら良いと思うぜ!

ねぇ?



で...

どこに行く?

何をする?

何のために?

そんな葛藤がまた始まるのだけど、それこそが人生の醍醐味だと俺は思っているのね。



でもその葛藤は「卑怯」の葛藤ではない。「満足」のための葛藤。

それも単なる自己満足じゃない、世と人に満足してもらって、そんな世と人が多勢いる社会に俺もいたい!って満足。

そしたら感謝の塊になれると思うんだ。



葛藤の無い人生なんて無いと思ってるけれど、同じ葛藤でも「卑怯」な世界での葛藤と「満足」の世界での葛藤って真逆だと思うのね。

「不幸」と「幸福」くらい真逆だと。



だから…というのもなんだけど、「不幸」を招く葛藤を強いる政治や政策には噛みついちまう。

なんで「幸福」を招く政治や政策に向かわないのかと。

原発だって、戦争だって、消費社会、競争社会もそう。

わざと、敢えて、不幸を作り出して「幸福」を競わせるやり方。

これ、決定的にダメだと思う。

だって、搾取する人間だけが歪んだ満足を得る為に仕組まれているから。

それはやっぱり「卑怯」なんだよ。




「満足」に向かい誰もが「幸福」を享受できる社会。
そこに初めて「笑顔」や「思いやり」「慈しみ」「愛」が自然と共に生まれるんじゃないか?


「不幸」を掻き消すための「作り笑い」や「計算された思いやり」「哀れに蔑む心」「憎悪」に満ちた社会なんて、本当に悲しいことだよ。



地球は悲しみの為に人類を育んでいるんじゃない。

喜びと幸福の為に共存させてくれているんじゃないか?


そう思うんだ。


kairindian
[PR]
# by indian_joe714 | 2016-05-24 00:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)